ふくつサンポ一覧へ

2017年01月18日(水)

新たな魅力発見!畦町サンポ 〜歴史編〜

唐津街道の宿場町として、江戸時代に栄えた「畦町宿」。
350年以上たった今、当時の賑わいは影をひそめていますが、街道筋の建物などに宿場町の名残を見ることができます。

ところで古代の畦町に、宿場をほうふつとさせる施設「駅家(うまや)」があったかもしれないといえば驚きでしょうか。
7世紀後半〜8世紀にかけて、都と地方をつなぐために国が建設した古代官道(かんどう)に沿って、約16キロごとに置かれたのが駅家でした。その屋根は、外国から来た使節の目にも立派に見えるよう、当時では珍しく瓦で葺(ふ)いていました。駅家を利用できたのは、出張中の役人や外国の使節に限られ、馬を乗り継いだり休けいする場所であったようです。

市教育総務課によると、8世紀半ば(奈良時代)の瓦が畦町で見つかった点、長さ二十間(約36メートル)にわたる建物の礎石(そせき)が江戸時代まで畦町に存在していた点などから、古代官道の駅家があった可能性が高いとのこと。

はたして畦町周辺に駅家は眠っているのでしょうか。新たな見どころが土の中から見つかる日は来るのか、今後の発掘調査に期待がふくらみます。

image

「中村酒屋」や「駒井醤油屋跡」など畦町宿として賑わった江戸時代の建物も残る。

image

畦町で見つかった瓦。太宰府市にあった外交窓口の役所「大宰府政庁」に使われものと同じ文様。

image

散策に役立つマップが付いた『畦町物語1』を「ぎゃらりぃ畦」にて販売中(500円)。


投稿者: 本村 真弓

マップリンク
みんなのコメント

お気軽にコメントをどうぞ♪[必須入力 300文字以内でお願いします。]



お名前 [必須入力 30文字以内でお願いします。]


  
※ブログの管理者が承認したコメントのみ表示されます。
プロフィール

ふくつサンポ

ふくつサンポでは、ウォーキング・ドライブ・サイクリングの移動手段で、季節に合ったおすすめのコースを、マップ付きでご紹介します!
普段何気なく通っている道でも、のんびり散歩をしてみると新たな発見が・・・
天気の良い日にはとってもおすすめですよ〜♪

バックナンバー


ウォーキング
サイクリング ドライブ


検索

クリア