福津の極み [工芸品]
<取材日:2017/12/25>

商売繁盛 福珠のモマ
(しょうばいはんじょう - ふくじゅのまも)

宮地嶽神社に伝わる「モマ伝承」にちなんだ縁起物

福珠のモマ


福をもたらすモマ伝承をもとに
image

『筑前津屋崎人形巧房』のモマ

「福珠のモマ」は、宮地嶽神社の冬の祭事「玉替祭」の由来となった、モマ(ふくろう)伝承にちなんだ縁起物です。
その昔、宮地嶽の山中で道に迷った、信仰深い正直者が、モマに導かれて金の玉を手に入れました。「これは神のお授けにちがいない」と玉をまつったところ、商売が大成功したと伝わります。


福津の工芸が生んだ縁起物
image

『マルティグラス』のモマ

毎年、商売繁盛を願って、多くの参拝客が訪れる宮地嶽神社。正月三ヶ日には、市内外から100万を超える人々が訪れます。
参拝客でにぎわう宮地嶽神社の境内で、毎年販売している縁起物「福珠のモマ」。
「福津の極み」に認定された、工芸事業者『筑前津屋崎人形巧房』『マルティグラス』『陶芸工房 夢かしこ』が、開運招福・家内安全・無病息災の思いをこめて作りました。


モマのデザインは三種類
image

『夢かしこ』 のモマ

素材やデザインに、作り手の個性が光る「福珠のモマ」たち。
ガラスの透明感が美しいモマ、福津の工芸品「モマ笛」をベースにしたモマ、大きな目をした愛嬌たっぷりのモマ……どれも個性豊かな仕上がりです。
作り手は同じでも、色が違えばモマの印象も変わります。実際に手にとって、お気に入りを見つけてみては。


インフォメーション
宮地嶽神社境内
住所〒811-3309 福津市宮司元町7-1
TEL0940-42-0315
(福津市商工会までお問い合わせください。)
販売期間1月4・5日の二日間
販売時間9:00〜16:00
商品価格1,500〜30,000円(数量限定)
アクセス
電車
JR福間駅下車、タクシーで約5分
バス
JR福間駅から西鉄バス⇒福間駅前[みやじ口]「津屋崎橋行」乗車⇒「宮地嶽神社前」バス停降車⇒徒歩4分
JR福間駅からふくつミニバス⇒津屋崎線「JR福間駅みやじ口」乗車⇒「宮地岳宮」バス停降車⇒徒歩4分
県道502号沿線「太郎丸」信号より津屋崎方面へ
「宮地岳神社」交差点すぐ 駐車場有