福津三十六景 34

舎利蔵自然林
(しゃりくらしぜんりん)

古賀市との境に近い舎利蔵にある森です。
今から1300年くらい前に仏舎利2箱を収め、舎利山勝宝寺と名付けたことから、舎利蔵という地名になったもので、観音堂の近くに樹齢800年と推定される「なぎ」の古木があります。このうち特に大きな5本の木は福岡県指定天然記念物となっています。
同じく観音堂の近くには「いす」の森もあります。


【なぎ】
まき科の常緑高木。葉は広葉樹のような平たい形をしているが、葉脈は縦に走っていて、実は針葉樹。舎利蔵のなぎは高さ約30m、胸高の幹周りは3mを超える。


【いす】
まんさく科の常緑高木。葉に虫こぶができやすく、鶏卵大の虫嬰となる。この虫嬰から成長した虫が出て行った跡に穴が開き、これに息を吹きかけると「ヒュー」という音がすることから「ひょんの木」とも呼ばれる。

舎利蔵自然林


ピックアップフォト

インフォメーション
舎利蔵自然林
住所舎利蔵付近
アクセス
電車
JR福間駅下車、タクシーで約15分
バス
JRバス・ふくつミニバス「本木入口」から徒歩20分
県道30号線から入る
駐車場 3台